わきがと食事

2009年7月 3日 11:49 | コメント(0) | トラックバック(0)
黒人ではほぼ100%の人が、欧米人では70%の人がわきがであるといわれていますが、日本人では10~15%、中国人では10%以下とわきがの発生率に大きな差があります。
これは昔、狩猟民族であったか、農耕民族であったかということが関係しているようです。肉類を多く摂取していた狩猟民族にはわきがが多く、穀物や野菜を多く摂取して暮らしていた農耕民族にはあまりわきがが少ないのです。このことからも、食事とわきがには大きな関係があることがわかります。
食生活が欧米化したことで、わきがの原因となるアポクリン腺ができたり、数が増えたりすることはありません。しかし、動物性たんぱく質や脂肪などを多く含む欧米風の食生活を続けることにより、元から持っていたアポクリン腺の活動が活発になり、汗の分泌も活性化して強いわきが臭を発するようになります。
肉食=わきがということではありませんが、肉類を多く摂取することはわきがの原因のアポクリン腺を刺激してしまうので、わきがの臭いが気になる人は控えるほうがいいようです。
わきがだけに関わらず、肉類に偏った食生活は体のためにもよくないので、野菜類もたっぷり摂り、バランスのよい食事を心がけましょう。
 お菓子レシピ  プチプラ
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurl(バザール)に登録

関連記事

わきがとは
わきがの発生は民族性によって異なっており、黒人や欧米人には多く、日本人には少ないという特徴があります。このようなわきがの発生率の違いは食文化によるところが大きいようです。
わきがと食事
肉食=わきがということではありませんが、肉類を多く摂取することはわきがの原因のアポクリン腺を刺激してしまうので、わきがの臭いが気になる人は控えるほうがいいようです。
わきがのメカニズム
わきがの強弱はアポクリン腺の数の多さによって左右されるため、ほとんど気にならない人から強いわきがの臭いを発する人もいるのです。
わきがの原因
わきがの元となるアポクリン腺からの汗に含まれる成分は、たんぱく質の他にアンモニア、ビルビン酸、脂質、糖質、鉄分が含まれており汗には粘り気があります。
ストレスもわきがの原因
このように、ストレスを持つことはわきがの症状を悪化させてしまうことになるので、趣味など自分の好きなことに打ち込んだりして上手くストレスを発散させることも大切でしょう。
自分でできるわきがチェック
自分でできるわきがチェックの項目には、わきの臭いが気になる、他人にわきの臭いがあるといわれたことがある、家族にわきがの人がいる、洋服のわきの下の部分が汗で黄ばむ、湿った耳垢をしている、わきの下の皮膚の色が濃いなどがあります。
耳垢によるわきがチェック
耳垢が湿っている人はわきがである確率がとても高く、耳垢が湿っている人のおよそ9割の人がわきがであったという統計もあるほどです。
間違ったわきがケア
わきがのケアのつもりで、わき毛を毛抜きなどを使った自己処理を行うと毛穴についたアポクリン汗腺を刺激してしまうことになります。
制汗剤によるわきがケア
しかし、制汗剤の効果は一時的なものなので、わきがや多汗症を治療するような働きは持っていません。
脱毛によるわきがケア
わきがケアのために行う腋毛処理で、アポクリン腺などに刺激を与えない方法としてはレディースシェイバーで処理するのが一番いいでしょう。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://1-37.ikeike.biz/mt-tb.cgi/651

コメントする