わきがとは、脇の下から発生する不快なにおいのことを言い、医学的にはわきがのことを「腋臭症」「臭汗症」と呼びます。
わきがの発生は民族性によって異なっており、黒人や欧米人には多く、日本人には少ないという特徴があります。このようなわきがの発生率の違いは食文化によるところが大きいようです。
脇の下にはアポクリン腺とエクリン腺という汗腺があります。わきがは、アポクリン腺という汗腺から出る脂肪酸を含む汗が雑菌などとくっつくことで臭いを放ちます。
アポクリン腺は、生まれた時から持っているものですが、思春期になるとアポクリン腺の活動が活発になるため、わきがは思春期以降にきつくなることが多いようです。
独特な強いにおいを発するわきがですが、わきがは病気というものではなくどちらかと言えば体質と言ったほうがいいものです。
わきがの発生には遺伝的な要素も大きく、両親ともにわきがであった場合には、その体質を受け継ぎやすいようです。
しかし、体質とはいえ周りの人に不快な思いをさせてしまうわきがに悩んで、デオドラント製品や手術などでわきがの症状を改善しようとする人も多くいます。
最近では切らずに行なえるわきが手術の方法などもできたため、わきが治療を積極的に行なう人も増えてきているようです。